気軽に絵画を楽しむ方法

私はよく美術館に行って絵画を鑑賞します。私の場合、絵を描くことを趣味としているので作品の参考になればいいな、
と思い作品の構図とか色使いとか、筆のタッチとかを食い入るように見るんですが、
あまりそういうことに興味のない人は、どう絵画を見ていいのかわからないって人もいるんじゃないでしょうか?
中には奥さんに無理やり連れてこられて、ブラブラ暇そうに見ているおじさんもいますからねぇ。
そんなわけで、私流ではありますが初心者の方でも楽しめる(かもしれない)絵画の鑑賞法を書きたいと思います。
まずは、よくありがちなことなんですが、チケットのお値段分見ようとしていませんか?
展覧会てそこそこお値段が高かったりするんですよね。
だから元を取らなければ!と必死になって全作品見ようとしがちなんですが・・・これはっきり言って疲れます。
そして美術館を出た後、感動よりも疲労が残っちゃいます。
なので「好きな作品だけ見よう!」これがまず大事。
有名な作品があればそれだけ見るもよしです。
一人の画家を取り上げた展覧会では、スケッチブックにささっと描かれたデッサンなんかも展示されてたりして、
ファンにはたまらないんですが、興味の無い方はちらっと横目で通りすぎてもいいと思います。
何より見たい作品の感動をそのまま家に持ち帰るのが大事ですから。
そしてさらに、有名な作品にさえ興味がない方。こういう方いるんじゃないんでしょうか?
この作品のどこがいいんだろう・・・?そう素直に思ってもいいと思います。

そういう方は「自分の家に飾ってみたい絵を探す」これです。
インテリアの一つとして、なんとなくこの作品うちのトイレに飾ってもいいかも・・・なんて絵画を探してみます。
それは小さな何気ない花の絵かもしれません。でもそれでもいいんです。それがあなたの感性なんです。
こんな具合に気軽に美術館に足を運んで、楽しんでみてはいかがでしょうか?