出産後に働くお母さんが乗り越えなければいけないこと

出産後、家計の状況や、出産前に働いていた会社の状況、自分自身の希望によって働かなければいけない状況に立たされている人は、今のご時世では非常に多いのではないかと思います。
ですが、出産後の復帰のことについて色んな意見を言う人がいるでしょう。
例えば姑です。
昔では、保育園には預けずに家にいて子どもを見るのが当たり前だったはずです。
その感覚が抜けず、嫁に対しても当然孫の面倒は幼稚園までは見るだろうと思っている人が多いように見受けられます。
働かなければいけない状況の人にとっては「そんなことを言われても……」と思う人もいるでしょうが、それが当たり前という時代に過ごしてきた姑や親世代には、残念ながらわかりづらいことなのです。
それに自分の子供は姑の孫でもあります。
故に、姑の意見を無視するのはあまり良いことでありません。
また、どうしても子供の面倒を見てもらいたい時などに、いよいよ頼みづらくなるのではないでしょうか。
そういう時、つい姑を悪く言ってしまいそうになりますが、少し考えてみて下さい。
言っていることはただのアドバイスに過ぎません。
家計の状況なり自分たちの現状をきちんと説明すれば、相手も家計のやりくりをしてきた人間ですから、ちゃんと伝わるはずです。
今、このことで悩んでおられる方がいましたら、ぜひお姑さんと向き合ってみて下さい。