長期化している歯の治療について

私は、最近右の奥歯を悪くしてしまい、ずっと歯医者に長いこと通っています。最初は、親知らずが原因だろうと考えられていて、その親知らずを抜かないことにはどうにもならないという診断を受けていたのですが、ここにきてその様相が少し変わってきました。私の歯が悪いのは親知らずではなく、その隣の歯とさらにその隣の歯だということがわかったからです。

 

 歯医者さんの先生いわく、私の歯は特別な生え方をしているらしくて、なかなか治療も難しいということです。ですが、このまま治療をしていけば、親知らずの隣の歯を抜くかわりに、親知らずを抜く必要がなくなるかもしれないということですので、なるべく負担をかけずに歯の治療ができそうなのです。

 

 今は、親知らずの隣の歯と、さらに隣の歯の治療に専念することで、何とか痛みが出ないようにしているわけです。

 

 長いことかかってきましたが、これは一気に歯が悪くなってしまったわけではなく、私がきちんと今まで歯をケアしてこなかったのが原因ですので、自分がしたことが自分に跳ね返ってきただけだと、現実を粛々と受け止める心構えです。

 

 これからもう少し歯の治療をすれば、今後の方針についてさらに詳しくわかりますので、もう少しの辛抱だと我慢して引き続き治療を頑張っていきたいと思っています。